コロナ

コロナの課題を多角的に考えてみませんか?

日出処の天子

もう一度、ああいう人がでてきてくれればなあ…


聖徳太子ってことは知ってるよね?(笑)


さあ、彼のしたことは?
10個言ってみよう!(笑)

chaos

カオス(混沌)
簡単に言えば、混沌だが、複雑な意味が詰まっている。
古代ギリシャ語から発して、日本では混沌と呼ばれている。
簡単に言えば、今の日本は混沌だろう。


宇宙亡き時代から地球ができた
そのケイオスだ
渾沌とも中国では「天地が分かれる前の状態」との意味する。


人の集団において、統率者がおらず、集まった人が皆それぞれ自己主張して好き勝手に振る舞っているような状況も「カオス」と形容されることがある。これと似た状況を指す言い方に「サバト」という表現もある。サバト(sabbat)は「魔女の夜宴」に由来する語である。


まさに、今にふさわしい。
興味ある方は、もっと調べれば面白いよ(笑)


神の器

ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト
なかでも優れた
「フィガロの結婚」


なかには複雑な意味が詰まっている


コメディーに見せながら、人間の深淵さを見せている…


コロナの複雑さとどっちが勝つかな(笑)