コロナ

コロナの課題を多角的に考えてみませんか?

引きこもりストレス

コロナがはやったのが、現代でよかったね~
家で自粛と言われても、人間には知恵がある
家で閉じこもりのストレスに勝つために、いろんなアイテムがあるのだから


ちなみに、私は「ひきこもり」だ
世界が逆転するときってあるんだなって こういうとき
引きこもりは、軽蔑されてきた
でも、私は、本質がひきこもりだから、あまりストレスを感じない
ヤバイなと・・思うのは引きこもり卒業して働いてるのに
このまま、自粛が続くと「引きこもりの甘美さ」に酔いしれて
もう一度外に出られなくなるかもしれない・・てこと


ほとんどのものが通販で手に入る世の中
アマゾン LOVE
私には外に行く必要がなかった
旅行や、外でやりたいこともなかった
(若いころはバックパッカーだった時代もあったのに(T_T))
だから、自粛もあまり苦痛ではない


でも、そんな自分を変えて仕事を見つけて働けるようになったんだから
ひきこもりLOVEにもどる前に、コロナワクチンでも発明されればいいなあ


コロナって?

取り敢えず、私の理解で書く


新しい病気


対処方法
<予防>
マスク 飛沫感染を防ぐため
手洗い うがい
密集地に近寄らないこと
<特徴>
症状が出る人とでない人がいる


が、・・症状の出ない人は、行動によってはウイルスの運び屋になる可能性がある


<闘い>
全員が、ウイルスに勝利するために・・正しい知識と行動を
「家で自粛ストレス~」って言ってる場合じゃねーよ


自分のせいで他人が死んでもいいわけ??


ま、けれどもストレスが無理もないことは、わかる・・


コロナって、その人の人間性を試しているのかな・・??



肺炎

私は、2020.2月に肺炎にかかりました。
幸い9日間の入院で済みました。


状況
数日前から、風邪のような症状
3日後、救急車で病院へ
肺炎と診断され、その場で入院決定
咳が一晩中、続く
一度の咳が、ハンマーで心臓を叩かれているようで苦しい
熱は40度
点滴で翌日には、37.5部に発熱は低下
が、咳と倦怠感がひどい
貸してもらった病衣は一晩で、汗?でびしょぬれになり
着替えさせてもらう
食欲はなし
病室は面会謝絶の個室


コロナではなく肺炎の話だが、肺炎でもこれだけ苦しいのだと、つくづく思った
退院許可と続けて飲む抗生物質を渡され、次回、病院へ行く日を予約
自宅安静を指示される


出された薬は、私が風邪をひいたとき、町医者が出してくれた抗生物質と同じもの
対処療法で治ったと考えて良いと思う


2月・・武漢のニュースが世間で騒がれていたころだ
私は、あまり興味のなかった「肺炎」に興味をもつようになった