コロナ

コロナの課題を多角的に考えてみませんか?

今は戦時中だ

兄が繰り返す言葉だ
私はマスクは、コロナ騒ぎの前より高騰してるので買っていない
が、兄は買っているという
命を守るためだ
兄には奥様も子供もいる
全員を守るために兄は必死なんだろう


ちなみに兄はどんなに忙しくても奥様の誕生日は定時に帰って祝う
(ビル・ゲイツもやってたなww)
私のバースディにも電話をくれる
母の日とかは無視だが、その人が生まれた日は特別なんだと。
そして、妻に「僕の子供を産んでくれてありがとう」
結婚してから欠かしたことのない台詞だ。


この中流家庭の家に何故生まれたのかわからないが姪が(兄の娘)が
遺伝子の研究をしている


恐れおおくも京都大学大学院だ
博士号を目指している
テーマは食糧難に備えての食品改良(遺伝子研究)で、農家の方々もやっていることだ
が、急に進路を変えた
いきなり遺伝子研究(医学)とは…コロナの影響を受けたのだろう
兄の「今までやってきた研究を中途半端にしていいのか?」の説得で元の道に戻ったが・・


兄の家では日課が決まっている
毎日のカンバセーション
週一のコミュニケーション及びミーティング会議
テレワーク 引き込もりの今、全員1時間以上の運動
当たり前だが手洗い(兄の方針で1分) マスク


「なんで、そんなに規律正しく生活できるの?」と
私の質問に
「そうしなければ、でる結果がわかってるからな」
・・・
兄らしい


やっぱり私は愚妹だな…



×

非ログインユーザーとして返信する